キリンウォーターサーバー 犬

MENU

ここが危ない!キリンウォーターサーバーの水をペットに与える時の注意点まとめ

近年、ペットとして飼われている犬や猫の高齢化が進み、中には人間同様、生活習慣病にかかるペットも決して少なくありません。

 

そこで最近ではペットの生活習慣病予防のため、ウォーターサーバーの水を利用する人が増えてきました。

 

ウォーターサーバーの水は品質の良さはもちろん、衛生面にも徹底配慮されており、犬にも安心して与えられると好評です。

 

 

ただ、ウォーターサーバーの水を犬に与える場合は、いくつか注意しなければならないポイントがあります。

 

軟水を選ぶ

 

犬や猫などのペットに多い病気として、尿路結石が挙げられます。
尿路結石とは、尿の通り道=尿路に石のような塊ができてしまう疾患で、放っておくと膀胱を傷つけたり、結石が尿路をふさいで尿の出が悪くなってしまうことがあります。
尿が排出されずに体内にたまると腎臓に負担がかかって尿毒症を発症し、命に危険が及ぶ可能性もあるのです。
尿路結石の原因はいくつかありますが、尿中に溶けているミネラル成分が飽和状態になると結石のもととなる結晶ができやすくなることが判明しています。
ウォーターサーバーの水にはいろいろな種類がありますが、硬度の高い硬水にはミネラルの一種であるマグネシウムとカルシウムが豊富に含まれているので、犬に与える水には軟水を選ぶようにしましょう。

 

不純物の少ない水を選ぶ

 

水道水には消毒に用いられる塩素のほか、発がん性のあるトリハロメタンや環境ホルモンなどの不純物が多量に含まれていることで知られています。
特に犬の場合、人間よりも体が小さいため、不純物の影響を受けやすく、長期的に飲用するとさまざまな病気のリスクを高める可能性があります。
そのため、ウォーターサーバーの水を選ぶ時は、工場での品質・衛生管理が徹底されているかどうかチェックすることが大切です。

 

常温で与える

 

ウォーターサーバーは温水と冷水の両方を使える利便性が魅力ですが、冷水の場合、水の温度は約5度とかなり冷えた状態になっています。

犬も人間同様、冷たい水を飲むとお腹が冷えて体調を崩してしまうことがあるので、ウォーターサーバーの水を与えるときは冷水に少量の温水を加えて温度を調整するなど、常温の水を与えるようにしましょう。

 

キリンウォーターサーバーは犬にもおすすめ

キリンウォーターサーバーは国内でも有数の名水地として知られる富士山の標高1000mの地下273mから原水をくみ上げています。

 

自然豊かな富士山の水は硬度22mg/Lの軟水なので、犬にも安心して与えられるところが特徴。

 

また、採水した水は特殊なマイクロ除菌フィルターでろ過し、不純物を徹底除去しているので、衛生面も抜群です。

 

もちろん、工場も徹底した品質管理体制を導入。放射性物質の検査でも安全が確認されているので、水分補給にはもちろん、ペットフードを柔らかくほぐす時にも活用できます。

 

ここが危ない!キリンウォーターサーバーの水を犬に与える時の注意点関連ページ

どれだけお得?キリンウォーターサーバーのキャンペーンをチェック!
キリンウォーターサーバーではどんなキャンペーンを実施しているのでしょうか?
キリンウォーターサーバーの解約料に要注意!
キリンウォーターサーバーを解約するには、どんな手続きを行う必要があるのでしょうか?
キリンウォーターサーバーの苦情を大公開!
キリンウォーターサーバーにはどんな苦情が寄せられているのでしょうか?
水が臭い!?キリンウォーターサーバーの臭い対策を大解剖!
キリンウォーターサーバーの水の臭いが気になったら、どんな対策をとればいいのでしょうか?
コストアップ?キリンウォーターサーバーの気になる電気代
キリンウォーターサーバーを利用すると、毎月どのくらいの電気代がかかるのでしょうか?
どっちがお得?キリンウォーターサーバーとフレシャスを徹底比較!
キリンウォーターサーバーとフレシャスはどちらがお得&安全なのでしょうか?
苦情殺到?キリンウォーターサーバーが水漏れする危険性
キリンウォーターサーバーには水漏れ事故が起こる危険性はないのでしょうか?
キリンウォーターサーバーは楽天とアマゾンどっちが安い?
楽天やアマゾンなどのネット通販でキリンウォーターサーバーを購入することはできるのでしょうか?
キリンウォーターサーバーは飲んだら危険!?
キリンウォーターサーバーの水は毎日飲んでも危険性はなく、安心・安全なものなのでしょうか?
キリンウォーターサーバーは赤ちゃんにNG?
キリンウォーターサーバーは小さな赤ちゃんにも安心して与えられる水なのでしょうか?