クリティア 使用感

MENU

クリティア使用レポート

クリティアのウォーターサーバーの使用感とメリットをご紹介します。

 

毎日飲むお水やお茶を準備するのが大変

ウォーターサーバーを使う前は、お水やお茶をペットボトルで買って飲んでいました。
麦茶を冷やしたりもしましたが、忙しくなると忘れがちで、飲み物が無かったり、かなり前に作ったお茶が放置されていたり。
ついつい家事が後回しになってしまうので、こういった失敗は何度もありました。

 

そんな時にウォーターサーバーのキャンペーンに立ち寄って「絶対にこれは便利」と思い契約しました。

 

「富士山の天然水」が美味しい

ウォーターサーバーが各社ある中で、クリティアに決めた理由は非常にシンプルで、とにかくお水が美味しいということです。

 

キャンペーンに立ち寄って試飲したときには、「同じお水でこんなに違うの?」と思いました。
クセのないスッキリとした味で、飲み口は非常にやわらか。

 

普段はミネラルウォーターの味の違いをあまり意識したことがないのですが、
クリティアの「富士山の天然水」の味にハマってしまいました。

 

しかも「富士山の天然水」は天然バナジウムが豊富に含まれていて、ミネラルを壊さないよう非加熱処理されています。
お水を飲むだけで健康にも良いことがあるとは嬉しい限りです。

 

ワンウェイ方式のペットボトルなので楽

クリティアのペットボトルは回収型のハードタイプではなく、使い捨てのペットボトルが段ボールに入って届きます。基本的に配送料は無料です。(エリアによって一部有料もあります)

 

クリティアを契約した頃は回収型のボトルが多かったのですが、正直「保管場所に困るな」と思っていました。玄関に常にボトルが積まれているというのは、できれば避けたかったので。

 

その点、ワンウェイ方式のペットボトルは、ボトルの回収や保管場所を意識する必要もなく、非常に楽です。しかも、衛生面での安心感もあります。

 

ちなみに、ボトルはやわらかなペットボトルなので、使用後は簡単につぶせます。
ゴミを出すときにもそれほどかさ張らないので、その点も良いと思います。

 

電気代節約のためにサーバーを変更

良いことずくめのウォーターサーバーの契約ですが、一つだけ気になる点がありました。
電気代です。1ヶ月に1000円弱くらいかかってしまうのです。

 

お湯を沸かしたり、飲み水を買ってきたりという手間を考えれば「これくらいはしょうがない」と
一度は妥協しましたが、1年、2年と継続して使用するうちに、
毎月の電気代がランニングコストとして大きくなってくるんですね。

 

そこで新しいサーバーを調べたところ、「スリムサーバーU」というサーバーなら
電気料金が約半額程度まで下がることがわかり、サーバーを変更
することにしました。


自動でエコモードになるので楽

通常使用時でもこれまで使用していたタイプのサーバーよりもかなり省エネになるのですが、
このサーバーの良いところは暗くなると自動でエコモードになってくれるところです。

 

外出前等に「エコ」ボタンを押すタイプのサーバーもありますが、なかなか習慣にするのは難しいです。
その点、自動でモードを変更してくれるところが気に入っています。

 

しかも、それまで使用していたサーバーよりも一回り小さくなり、横幅が27cmと、
場所を選ばすに置けるサイズようなになりました。デザインもスッキリしています。

 

なお、このウォーターサーバーへの変更時には初回手数料として税込2,160円がかかります。
電気代の差分を考えれば数ヶ月程度で元が取れてしまいますので、
こんなに良いならもっと早くサーバーを変更しても良かったですね。

 

おしゃれ家電のようなサーバーも

買い取りのサーバーになりますが、デザインにこだわったサーバーも展開されています。

 

amadana×CLYTIAのサーバーは北欧テイストで落ち着いたおしゃれなデザイン。
cado × CLYTIAのサーバーは、スタイリッシュな印象で、ボトルを上部ではなく床にセットできるタイプ。

 

使用している「スリムサーバーU」には不満はないのですが、こういうサーバーも一度使ってみたいです。


まとめ こんな人におすすめ

 

お水の味にこだわる方

非常に飲みやすく、美味しいです。毎日のむならコレ、というお水だと思います。

 

健康への意識が高い方

「富士山の天然水」に豊富に含まれているバナジウムは、血糖値を下げる効果があります。
特に意識しなくても毎日お水を飲むだけで摂取できるのが良いところです。

 

ウォーターサーバーの電気代を安くしたい方

「スリムサーバーU」ならエコモード使用で1ヶ月500円程度〜です。
暗くなると自動でエコモードになってくれるので楽々です。

 

ウォーターサーバーのデザインにこだわる方

→買い取り式ですがスタイリッシュなデザインが展開されています。

 

ワンウェイ方式のボトルを使いたい方

使い捨てのペットボトルで衛生的です。回収の手間もありません。

クリティア使用レポート関連ページ

一人暮らしにおすすめのウォーターサーバーはコレ!
一人暮らしの方がウォーターサーバーを選ぶ場合、どんなことに注意しなければならないのでしょうか?
これだけは知っておきたい!安いウォーターサーバーを見分ける4つのポイント
ウォーターサーバーを利用する時は、いくつかのポイントをチェックし、できるだけ安く利用できるものを選びましょう。
故障かな?と思ったらウォーターサーバーのここをチェック!
ウォーターサーバーに不具合が起こったら、まずはあちこち調べて原因を探ってみましょう。
ウォーターサーバーの掃除のやり方まとめ
ウォーターサーバーは週1〜月1くらいのペースで本体をお掃除するのが理想です。ここでは、ウォーターサーバーの掃除方法をまとめます。
飲むだけじゃない!ウォーターサーバーのいろいろな使い道
ウォーターサーバーの水は単に飲むだけではなく、生活のさまざまなシーンに活用できます。
ウォーターサーバーで飲むなら天然水とRO水、どっちがおすすめ?
ウォーターサーバーの水には天然水とRO水の2種類があり、それぞれ特徴が異なります。
家計に打撃?ウォーターサーバーの維持費はどのくらいかかる?
ウォーターサーバーを利用するには、水の代金やサーバーレンタル料の維持費などが必要になります。
衛生面にこだわるならこんなウォーターサーバーに要注意!
ウォーターサーバーは水容器のタイプによって衛生面に大きな違いがあります。
どれが一番お得?ウォーターサーバーのキャンペーンまとめ
ウォーターサーバー業者の多くは、新規契約や既存会員向けのキャンペーンを実施しています。
どうしてお湯が出るの?ウォーターサーバーのしくみを徹底解明!
ウォーターサーバーはなぜ冷水と温水を同時に給水することができるのでしょうか?
ウォーターサーバーを選ぶなら、床置き型と卓上型どっちがいい?
ウォーターサーバーは床置き型と卓上型の2タイプがあり、それぞれメリット、デメリットが異なります。
ウォーターサーバーのコストは高い?安い?
ペットボトルの水などと比べてウォターサーバーの水のコストは高いのでしょうか?安いのでしょうか?
ウォーターサーバーのメリット・デメリットを分析!
ウォーターサーバーのメリットとデメリットを分析してみました。あなたの家庭にウォーターサーバーが必要なのか否かの判断にしてみてください。
ウォーターサーバーのワンウェイとリターナブルの違いは?
ウォーターサーバーのワンウェイとリターナブルの違いをご存知でしょうか?
ウォーターサーバーのあるおいしい生活「コスモウォーター」
コスモウォーターを導入し潤いのある生活に大変化した体験記を綴ります。
プレミアムウォーター体験記
プレミアムウォーターの使用感などを体験記にまとめてみました。